自分に自信をつけるシンプルな方法

%e8%87%aa%e4%bf%a1

こんにちは、超自然体ボイスレッスンです。

 

今回は「自分に自信が持てない」という方にぜひ知って欲しいお話です。

 

私たちは、仕事での失敗や友人や彼氏や旦那さんにきつい言葉を浴びせられたりして私たちの心は深く傷つき、自信をなくしてしまいます。

 

そして、

 

「自信にみなぎる自分になれたらもっと人生がうまくいくのに…」とつい思いをめぐらして悩んでしまいます。

 

一体どうすれば自信にみなぎる自分になってくよくよ悩まずに一歩一歩前向きに歩んでいけるのでしょうか?

なぜ私たちは自信をなくしてしまうのか?

 

私たちは仕事にやりがいを感じていたり、楽しい日々を送っているときは自信をなくしたりしません。

 

逆に仕事がうまくいかなかったり、努力しても思ったような結果が出なかった時にショックを受けて自信をなくしてしまいます。

 

そして、

 

自信がなくなった私たちは「自己否定」をはじめてしまうんですね。

 

例えば、

 

「仕事がうまくいかなかったのは私のせいだ」や「酷いことを言われたのは私にも責任がある」という言葉を自分自身に浴びせるようになって、さらに自信がなくなるというマイナスの迷路に迷い込んでしまうんですね。

 

そう、自信をなくしてしまう最大の原因は「自分自信を責めてしまうこと」なんですね。

 

自信をつけるに自分を責めるのを止めよう

 

自分を傷つけて良いことなんて1つもありません。

 

なので、自信を取り戻すにはまず自分自身を責めるのをやめましょう。

 

例えばあなたが「仕事で失敗をして自信をなくしてしまった」としましょう。

 

その時に私たちができる考え方は2通りあります。

 

1つは「失敗を解決する方法を見つけて改善しよう。そうすればもっと良い仕事ができる」と失敗を前向きにとらえる考え方。

 

もう1つは「あぁ、失敗をしてしまった…」と落ち込んでしまう考え方です。

 

この世界に失敗をしない人間なんていません。

 

なので、本当は落ち込む必要はないはずなんですね。

それでもやっぱり落ち込んでしまうのは、自分を責めるクセが身についてしまっているからなんです。

 

「私はダメな人間だ…」と考えても良い方向に物事は動き出しません。だからまずは自己否定をやめましょう。

もし、どうしてもマイナスに考えてしまっても大丈夫です。

だってどんな人でも失敗しているんですから、普段の自分を取り戻しても大丈夫、もし落ち込んでも大丈夫。

だってあなたは今まの人生でどんなことがあっても乗り越えてきたのですから。

もし、失敗をした時に「あぁやってしまった…」と考えてしまったら、すぐに「いや、落ち込むなんて私らしくない」と自信をなくす行動をやめましょう。

 

あなたのこれまで人生にも「数多くの失敗」があったはずです。中には冷や汗をがダラダラ流れるようなとても大きな失敗もあったと思います。

 

それでもあなたは「失敗を解決してちゃんと生きています」

 

もともとあなたには「失敗を解決する力」がちゃんと備わっているんです。

 

「私にはこの失敗をちゃんと解決できる力がある」と自分の力を信じてあげましょうね。

 

 

歌は最高の自信を与えてくれる

 

歌と自信は深く繋がっています。

 

歌声は「リラックスして、自然体で歌う時」に最も美しくなります。

 

自信をなくて恐る恐る歌っている時は体に力が入ってしまい、緊張から声も弱々しくなってしまいます。

 

大切なのは「今の自分をしっかりと認めてあげること」です。

 

今の自分、自然体の自分でも大丈夫なんだ。

 

自分にはもともと失敗を解決できる力があるんだ。

 

と自分を認めてあげることで、自信が湧き出てきて、体はリラックスし、最高に美しい歌声が出てくるのです。

 

なので、自信をつけたいならまずは「自分を責めないこと」そして「今の自分をしっかり認めること」です。

 

まずは、自然体の自分を信じてみましょうね。

 

それでは今日の超自然体ボイスレッスンを終了します。

 

最後までありがとうございました。

minehahaad